信頼回復のISMSガイド

各社バラバラにISMSを構築

ISMSに関する最新お役立ち情報をここではご案内しています。
当サイト「信頼回復のISMSガイド」のコンテンツメニューをまずはご熟読してみてください。

 

ISMSの本来の意味からすると、「いろんな情報を犯罪や災害から守って管理していくため」なら、別にそれぞれの企業とか自治体で自分たちの使いやすいみたいにシステムをつくって構いません。情報セキュリティに関係する規格では、英国規格協会が1995年に、BS7799という規格を定めました。

 

だけど、各社バラバラにISMSを構築するのは無駄が幾多のし、どれくらいのレベルのものを作ればいいのかも良くわかりません。情報セキュリティマネジメントシステムというのがISMSの日本語訳ですが、あとちょっと狭苦しい意味で使われるケースがあります。

 

どういう手順で如何いった事をやれば純良のかというガイドラインがあるとかなり便利ですよね。もとにこれがなって、ISO/IEC17799という国際標準規格が2000年につくられ、もとにこれを日本ではJISX5080という日本工業規格が2002年につくられました。

 

国際標準規格としては、この頃目によくする、ISO14000は環境負荷低減向けマネジメントシステムの事ですし、ISO9000は品質保証のマネージメントシステムのことです。そこで、どういうやり方したら最善のか、一般的な基準を定めた国際標準規格というものが出てきたわけデス。

 

それが評価認証制度としてのISMSです。

 

インターネットでISMSの体験談やクチコミなどを簡単に見つることが出来る便利な世の中になりました。
ISMSについての基礎的な知識というのは非常に大切なこととなりますので、まず最初はネットで勉強をしておきましょう。

 

意外と知っているようで知らないのがISO27001のことであり、まず最初に的確な情報収集をしましょう。
インターネットや雑誌などを参考にしてISMSの情報を集めましょう。

 

意外と知っているようで知らないのがISMSであり、まず最初は基礎知識を勉強することが大切です。
何も知識を持っていない状態でISMSを調べましても意味がありませんので、ISMSをインターネットで検索しましょう。

 

インターネットでISO27001の体験談やクチコミなどを簡単に見つることが出来る便利な世の中になりました。
ISO27001についての基礎的な知識というのは非常に大切なこととなりますので、まず最初はネットで勉強をしておきましょう。